自分のお気に入りについて、あれこれ思う

今日、月曜日はいつものように英会話教室なのですが、自分の趣味について、
いろいろと考えさせられるところがあるように思います。
だからと言って、趣味を変える!とかはしないんですが。
今日は、私のお気に入りの○○という会話だったのですが、私が考えた答えの一例を言うと、
「あなたのお気に入りの本はなんですか?」という質問に、
「私のお気に入りの本は、剣客商売です」と答えるあたり、この答えはどうなんだろうと、
ちょっと考えました。
でも、本人はお気に入りの本のひとつなのだから、本人的には正解。
先生の答えはというと、宮部みゆきでした。
(お気に入りの本がたくさんあって答えるのが難しいと言っていましたが、私もだよ!)
剣客商売と答えたのは、いま読んでいる本だからという理由。
favorite singerも、favorite CDも、どれも一昔前の人やものばかり。
先生は、いまの曲とか聞かないの?って言われましたが、私はきっぱり、
「全然聞かないし、興味がないです」と言ってしまった。
(社交下手)
海外の俳優や歌手も名前は聞いたことあるけど、そんな知らないし、
きっと先生に、この人は何に興味がある人なんだろう…何を知っている人なんだろう…と
訝しがっているに違いない。
週末はたいてい家にいるか、山登りしているかの人間(たまにアクセサリーを作っている)
きっと、他の人は、○○なパーティとか、山登りじゃないけどショッピングなどのお出かけとか、
映画を観に行ったとか、お家パーティしていたとか、そういうことを言うのかなあ。

↓↓ポチッとお願いします☆
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村


関連記事